原島 博(はらしまひろし)

1945年終戦の年に東京で生まれる。1964年18歳のときに大学に入学し、2009年3月に、45年ぶりに定年という形で東京大学を卒業した。その後は東京大学名誉教授として、明治大学(総合数理学部)、立命館大学(文学研究科)、女子美術大学(芸術学部)の客員教授などをつとめた2015年12月より再び東京大学に戻り、現在は東京大学特任教授。東京大学定年までは大学院情報学環と工学部に属し、ヒューマンコミュニケーションエ学、つまり「人と人の間のコミュニケーションを技術の立場からサポートする」ことを専門として研究を続けてきた。また、人間の顔にも興味を持ち、1995年に「日本顔学会」を発起人代表として設立、「顔学」の構築と体系化に尽力してきた。科学と文化·芸術の融合にも関心をもち、東京大学のコンテンツ創造に関する教育プログラム代表、文化庁メディア芸術祭アート部門審査員、グッドデザイン賞(Gマーク)審査員などもつとめた。現在はささやかな個人塾(HC塾)を主宰し、気の赴くままに面白いこと全般を興味の対象としている。

© HCJUKU by Hiroshi Harashima

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now